07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : 未分類

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜田麻里

2011.09.09 *Fri*
Hey Mr.Broken Heart 【PV】
http://www.youtube.com/watch?v=uV7kQSHjqiM

もう幾つなんだろう?とも思うけど・・この人の透き通る広がる声は癒される。
こーいう、本当に歌の上手い方がもっと売れたらいいのに。

AKBが悪いとは思わないけど・・歌は上手くないよね?
スポンサーサイト

遠方に嫁いだ嫁としては・・。

2011.09.05 *Mon*
今日の札幌は雨です
なんか雨ってテンション下がって嫌だわ~。
恵みの雨ともいうけれど・・夏の終わりのこの雨は寂しい感じがしてならないっす。

私は結婚して・・札幌に来て、早10年。
札幌という土地は大好きだけど、遠方に嫁いだことで自分の親にしてあげられない事が沢山あるな~と日々思う。
かといって、近くに住んでいても・・そうベッタリした関係でいられるか?とは思うけど、
フトした時に、母と買い物とか、ちょっとしたお食事とか・・旅行までとは行かなくても、身近でしてあげられる事ってあるのにな~なんて、思ったりもします。

ま、私のように・・地元を離れて結婚した(あるいは、ご主人の転勤でほうぼうに行く方)場合は、仕方のない事なんだけどね(笑

別に両親に何かを言われたわけではないけど・・ちょっとした事があって、こんな日記を書きました。



サシー。

2010.04.14 *Wed*
我が家の愛猫「サシー」が、その生涯を閉じました。
血統書も何もない、フツーの雑種のネコちゃんです。でも私たち家族には、かけがえのない「家族」でした。
16年前。産み落とされて目も開いてない状態で、うちの前でミャーミャー泣いてました。
私と妹で拾って、最初は内緒で飼ってました。(父が猫が苦手だったので・・)
でもずっと隠し通せるわけないですよね(苦笑

女の子でしたが、おてんばで・・でも病気らしい病気は1度もしないイイ子ちゃんでした。
最期を迎える、1週間ぐらいに急に具合が悪くなり・・母と妹が病院に連れていったりしてくれていましたが、
やはり16年という歳月で・・もう命が残り少ないということでした。
人間の年齢にすると80歳くらいだったようです。

平日の昼間に天国にいってしまいましたが、母が近くに居たのが救いです。

サシー。本当にうちに来てくれてありがとう。次に帰った時に逢えないのが悲しいよ。
2009032017110000.jpg

うちの職場の不思議くん

2009.11.02 *Mon*
今の職場でちょっと苦手な男の人がいる。
私より4つ下の独身くんで見た目はまあまあな感じ。
いちお、うちの会社では「北のイケメン」とか言われているんだけど。

でもこの北のイケメン(そんなにかっこよくないけどね・・)が、結構クセ者。
見た目は悪くないのに?未だ独身の理由がなんとなく解る・・・。

私はそんなに怒るほうではないけれど・・この人とはもう何度もぶつかっている。
何というか、常識が全くないのと・・人に合わせたり、協力したりと言うことが全くできない。
それと性格的にズルイというか、女々しいというか、何か注意をしたりすると面白くないのか、
すぐに仕事上での小さな嫌がらせをする。
(ex.例えば、メーカーから連絡きている重要なことをいわないとか・・とにかく仕事に関わることなどで)

ま、所長もこの人の「性格の悪さ」は解っているし、私の味方にはなってくれるけど・・・
それでも何かあった時にガツンと言ってくれることは少ないんだよね。

少人数の職場だし、この彼ももっとみんなで何事も話あえばいいのに、いつも一人だけ違う位置にいる。
団体行動が苦手な人はいるけれど、何かお願いする時は、ちゃんと口で言おうよ。
間違えてしまった時は「ごめんなさい」って素直にいようよ。

私だって、間違えることもあるし、お願いする時はある。
でもそーいう時は、きちんと自分の言葉で伝える努力はしているはず。

放っておけば、誰かがやってくれる・・みたいな考えは少し直したほうがいいんぢゃないかなー?とふと思う。
だって、そんな「北のイケメン」だって、30代を余裕で超えたわけだし。

でも人の性格って簡単に変わらないよね。
私は彼を変えることはきっとできないし、彼自身も自分を変えようなんてこれっぽっちも思ってないと思うけどね。


南田洋子さん

2009.10.30 *Fri*
先日南田洋子さんがお亡くなりになりましたね。
長門裕之さんの会見が、より一層悲しさを誘いました。

私は幼稚園くらいの頃?南田洋子さんと一緒に写した記念の写真があります。
着付けの先生だった祖母に連れられて行ったとある着物のショー(イベント)での
ゲストが南田洋子さんだったようで、その会場にいた小さな女の子は私だけだったのか?
フトしたきっかけで写真を撮るようになったようです。

私もうっすらとした記憶ですが、微笑みかけられて頭を撫でてもらったような感覚があります。

残念ながら、私は南田洋子さんの代表的な「作品」は存知あげません。
でもほんの一瞬でもお会いした方なので・・何だか寂しい気持ちでいっぱいになりました。

高齢の介護で長門さんも大変だったでしょうね。
でも色々あった夫婦生活の中で、最期の時を一緒に過ごせて洋子さんも幸せだったのでは・・と、思います。

天国で安らかにお眠りくださいね。


プロフィール

sora

Author:sora
相方の転勤で埼玉から札幌に
引越したsoraです。
普段はOLしてます。
音楽好きで結構雑食(笑)何でも聴きます~♪
いろんな人とお話したいなぁ。
どーぞよろしくねヽ(^。^)丿☆



レシピBar

developed by 遊ぶブログ



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー





最近のトラックバック



みんなの足跡



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © sora☆blog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。